本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

医学部保健学科?保健学研究科

学部

学位授与の方針(ディプロマ?ポリシー)~このような人材を育てます~

所定の年限在学し、かつ所定の単位を修得し、各専攻のディプロマ?ポリシーが規定する学識と能力を持つ次のような者に学士の学位を授与します。

  1. 保健医療の中核を担うために必要な専門的知識と技術を備え、人間の尊厳を重んじる心を持つ者
  2. 保健医療の諸課題に対し柔軟な思考、的確な判断によって問題解決ができる者
  3. チーム医療を担う自覚を有し、関係する人々との相互理解と円滑な協働関係が築ける者
  4. 社会の多様性?グローバル化に対応できる自己開発力と意欲を持ち、人々の健康に貢献する者

教育課程編成?実施の方針(カリキュラム?ポリシー)~このような教育を行います~

知性と行動力を備えた人間性豊かな保健医療人材の育成を目指し、次のような教育を行います。

  1. 保健医療専門職としての倫理観を涵養し、専攻分野で必要な基礎力を育成する教育
  2. 保健医療専門職として主体的に行動し、総合的な判断ができる人材を育成する教育
  3. チーム医療を推進する一員としての意識と円滑な協働関係を築く力を育成する教育
  4. 多様な地域社会の中で、グローバルな視点から保健医療の諸課題に対応できる人材を育成する教育

入学者受入方針(アドミッション?ポリシー)~このような人を求めています~

人材育成の目標

  1. 豊かな見識を身に付け、人間の尊厳を尊重し、全人的医療を担う人材を育成します。
  2. 本学科での学修を通して、学士(看護学?保健学)に求められる知識、技能、態度、創造的思考力を身に付けた人材を育成します。
  3. 将来に向け自らを向上させていく意欲と自己開発力を持ち、地域や国際社会での保健医療の諸課題に広く対応できる人材を育成します。
  4. 保健医療の現場においてチーム医療を担う人材を育成します。
  5. 看護師?助産師?保健師、臨床検査技師?細胞検査士、理学療法士、作業療法士となることを通じて、高度化?専門化する保健医療専門職の次世代のリーダーや教育?研究者を育成します。

入学者に求める能力?資質

  1. 柔軟な発想、みずみずしい感性、高い意欲を持っていること。
  2. 他者とのコミュニケーションが円滑にできること。
  3. 理系課題に対して、論理的な思考を行い、他人に説明できること。
  4. 文系課題に対して、自らの考えを交えて要約して他人に説明できること。
  5. 英文課題に対して、自らの考えと併せて他人に説明できること。

入学前に学習することが期待される内容

各入学者選抜の出願要件に定める科目について履修又は履修見込みであること

入学者選抜の基本方針

本学科では、上記の素養を持つ学生を選抜するために、次のような入学試験を実施します。
○一般選抜 前期日程
 3~5に対しては大学入学共通テストを課し、1、3及び5に対しては小論文を課します。また、1及び2に対しては出願書類(調査書)により評価を行った上で、総合して判定します。
○一般選抜 後期日程
 3~5に対しては大学入学共通テストを課し、1、3及び5に対しては小論文を課します。また、1及び2に対しては出願書類(調査書)により評価を行った上で、総合して判定します。
○学校推薦型選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類(調査書、推薦書)を加え、総合して判定します。
○私費外国人留学生選抜
 日本語での大学教育を受けられる日本語能力を身に付けているかどうかを判断するために日本留学試験を課しています。また、1、3及び5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。さらに、成績証明書を加え、総合して判定します。
○帰国生選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○社会人選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○3年次編入学
 3~5に対しては学力試験(専門科目、外国語)を、1及び2に対しては面接を課します。また、出身学校の成績証明書及び志望理由書等を加え、総合して判定します。

入学者選抜方法における重点評価項目

AP 別表(医学部保健学科)

看護学専攻

学位授与の方針(ディプロマ?ポリシー)~このような人材を育てます~

学位授与の条件?達成度?能力評価の基準

所定の年限在学し、かつ所定の単位を修得し、看護学専攻のディプロマ?ポリシーが規定する学識と能力を持つ次のような者に学士(看護学)の学位を授与します。

学修成果の目標

  1. 看護学及び関連する学問の体系的な知識と技術を備え、人間の尊厳をまもり、倫理的判断に基づく看護実践ができる者
  2. 看護における顕在的?潜在的課題に対し、幅広い教養と科学的根拠に基づく適切な判断力と、問題解決能力を持つ者
  3. チーム医療において、関係する人々との相互理解と円滑な協働関係を築き、看護職としての役割を発揮できる者
  4. 多様な地域社会の中で、グローバルな視野に基づく自己開発力と、看護の専門性を高める意欲を持ち、人々の健康に貢献する者

教育課程編成?実施の方針(カリキュラム?ポリシー)~このような教育を行います~

教育の目標

  1. 人間理解に必要な基礎的知識の修得:看護を実践するための基礎的な知識を体系的に修得できる教育
  2. 人間の尊厳の理念に基づいた看護の対象理解:人間の尊厳をまもり看護を実践するための基本的姿勢を身につけられる教育
  3. 根拠に基づく看護実践能力の修得:幅広い教養と科学的根拠に基づいた看護を実践するための知識と技術を修得できる教育
  4. 地域社会の人々を対象とした健康支援能力の修得:国内外における地域社会のありようと人々の多様性を理解し、人々の健康と?活の質の向上とそれを?える地域社会の構築に寄与するための知識と技術を修得できる教育
  5. チーム医療を推進するための協働関係スキルの修得:チーム医療の担い手としての意識を高め、関係する人々との相互理解と円滑な協働関係を築けるコミュニケーションの力を身につけられる教育
  6. 保健医療の担い手としての自己開発力の育成:保健医療の担い手として、将来に向け自らを成長させていく意欲と自己開発力を身につけられる教育

教育課程の構成

  1. ディプロマ?ポリシーに掲げる目標を達成するために、教養教育科目、専門教育科目を体系的に編成し、講義?演習?実験?実習を適切に組み合わせた教育を展開する。
  2. 多様な社会を理解するために、教養教育科目については、初年次を中心に幅広い分野からなる科目を編成する。
  3. 専門教育科目については、「人間理解に必要な基礎的知識の修得」「人間の尊厳の理念に基づいた看護の対象理解」「根拠に基づく看護実践能力の修得」「地域社会の人々を対象とした健康支援能力の修得」「チーム医療を推進するための協働関係スキルの修得」「保健医療の担い手としての自己開発力の育成」の6つの科目群で構成する。
  4. 教育課程については、カリキュラムツリーやナンバリングを用いてその体系性や構造を明示する。

教育内容?方法

  1. アクティブラーニング等を取り入れ、学生の主体的?能動的な学修を促す教育を行う。
  2. 学修の到達目標をシラバスに明記し、講義時間外の自己学修を促す教育を行う。
  3. 1年次から臨地実習を配置し、看護の対象理解を基盤とした実践能力を育む教育を行う。

学修成果の評価

シラバス記載の達成度(成績)評価方法に基づき、試験、レポート、実習成果、実技試験等により総合的に評価します。

入学者受入方針(アドミッション?ポリシー)~このような人を求めています~

人材育成の目標

  1. 豊かな見識を身に付け、人間の尊厳を尊重し、全人的医療を担う人材を育成します。
  2. 本学科での学習を通して、学士(看護学)に求められる知識、技能、態度、創造的思考力を身に付けた人材を育成します。
  3. 将来に向け自らを向上させていく意欲と自己開発力を持ち、地域や国際社会での保健医療の諸課題に広く対応できる人材を育成します。
  4. 保健医療の現場においてチーム医療を担う人材を育成します。
  5. 看護師?助産師?保健師となることを通じて、高度化?専門化する保健医療専門職の次世代のリーダーや教育?研究者を育成します。

入学者に求める能力?資質

  1. 柔軟な発想、みずみずしい感性、高い意欲を持っていること。
  2. 他者とのコミュニケーションが円滑にできること。
  3. 理系課題に対して、論理的な思考を行い、他人に説明できること。
  4. 文系課題に対して、自らの考えを交えて要約して他人に説明できること。
  5. 英文課題に対して、自らの考えと併せて他人に説明できること。

入学前に学習することが期待される内容

各入学者選抜の出願要件に定める科目について履修又は履修見込みであること。

入学者選抜の基本方針

本学科では、上記の素養を持つ学生を選抜するために、次のような入学試験を実施します。
○一般選抜 前期日程
 3~5に対しては大学入学共通テストを課し、1、3及び5に対しては小論文を課します。また、1及び2に対しては出願書類(調査書)により評価を行った上で、総合して判定します。
○一般選抜 後期日程
 3~5に対しては大学入学共通テストを課し、1、3及び5に対しては小論文を課します。また、1及び2に対しては出願書類(調査書)により評価を行った上で、総合して判定します。
○学校推薦型選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類(調査書、推薦書)を加え、総合して判定します。
○私費外国人留学生選抜
 日本語での大学教育を受けられる日本語能力を身に付けているかどうかを判断するために日本留学試験を課しています。また、1、3及び5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。さらに、成績証明書を加え、総合して判定します。
○帰国生選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○社会人選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○3年次編入学
 3~5に対しては学力試験(専門科目、外国語)を、1及び2に対しては面接を課します。また、出身学校の成績証明書及び志望理由書等を加え、総合して判定します。

入学者選抜方法における重点評価項目

AP 別表(医学部保健学科)

検査技術科学専攻

学位授与の方針(ディプロマ?ポリシー)~このような人材を育てます~

学位授与の条件?達成度?能力評価の基準

所定の年限在学し、かつ所定の単位を修得し、検査技術科学専攻のディプロマ?ポリシーが規定する学識と能力を持つ次のような者に学士(保健学)の学位を授与します。

学修成果の目標

  1. 検査技術科学及び関連する学問の体系的な知識と技術を備え、人間の尊厳をまもり、倫理的判断に基づく臨床検査の実践ができる者
  2. 臨床検査における顕在的?潜在的課題に対し、幅広い教養と科学的根拠に基づく適切な判断力と、問題解決能力を持つ者
  3. チーム医療において、関係する人々との相互理解と円滑な協働関係を築き、臨床検査技師としての役割を発揮できる者
  4. 多様な地域社会の中で、グローバルな視野に基づく自己開発力と、臨床検査の専門性を高める意欲を持ち、人々の健康に貢献する者

教育課程編成?実施の方針(カリキュラム?ポリシー)~このような教育を行います~

教育の目標

  1. 人間理解に必要な基礎的知識の修得:臨床検査を実践するための基礎的な知識を体系的に修得できる教育
  2. 人間の尊厳の理念に基づいた臨床検査の対象理解:人間の尊厳をまもり臨床検査を実践するための基本的姿勢を身につけられる教育
  3. 根拠に基づく臨床検査の実践能力の修得:幅広い教養と科学的根拠に基づいた臨床検査を実践するための知識と技術を修得できる教育
  4. 地域社会の人々を対象とした健康支援能力の修得:国内外における地域社会のありようと人々の多様性を理解し、人々の健康と?活の質の向上とそれを?える地域社会の構築に寄与するための知識と技術を修得できる教育
  5. チーム医療を推進するための協働関係スキルの修得:チーム医療の担い手としての意識を高め、関係する人々との相互理解と円滑な協働関係を築けるコミュニケーションの力を身につけられる教育
  6. 保健医療の担い手としての自己開発力の育成:保健医療の担い手として、将来に向け自らを成長させていく意欲と自己開発力を身につけられる教育

教育課程の構成

  1. ディプロマ?ポリシーに掲げる目標を達成するために、教養教育科目、専門教育科目を体系的に編成し、講義?演習?実験?実習を適切に組み合わせた教育を展開する。
  2. 多様な社会を理解するために、教養教育科目については、初年次を中心に幅広い分野からなる科目を編成する。
  3. 専門教育科目については、「人間理解に必要な基礎的知識の修得」「人間の尊厳の理念に基づいた臨床検査の対象理解」「根拠に基づく臨床検査の実践能力の修得」「地域社会の人々を対象とした健康支援能力の修得」「チーム医療を推進するための協働関係スキルの修得」「保健医療の担い手としての自己開発力の育成」の6つの科目群で構成する。
  4. 教育課程については、カリキュラムツリーやナンバリングを用いてその体系性や構造を明示する。

教育内容?方法

  1. アクティブラーニング等を取り入れ、学生の主体的?能動的な学修を促す教育を行う。
  2. 学修の到達目標をシラバスに明記し、講義時間外の自己学修を促す教育を行う。
  3. 1年次より専門科目の実習、3年次に臨地実習を配置し、臨床検査の対象理解を基盤とした実践能力を育む教育を行う。

学修成果の評価

シラバス記載の達成度(成績)評価方法に基づき、試験、レポート、実習成果、実技試験等により総合的に評価します。

入学者受入方針(アドミッション?ポリシー)~このような人を求めています~

人材育成の目標

  1. 豊かな見識を身に付け、人間の尊厳を尊重し、全人的医療を担う人材を育成します。
  2. 本学科での学習を通して、学士(保健学)に求められる知識、技能、態度、創造的思考力を身に付けた人材を育成します。
  3. 将来に向け自らを向上させていく意欲と自己開発力を持ち、地域や国際社会での保健医療の諸課題に広く対応できる人材を育成します。
  4. 保健医療の現場においてチーム医療を担う人材を育成します。
  5. 臨床検査技師?細胞検査士となることを通じて、高度化?専門化する保健医療専門職の次世代のリーダーや教育?研究者を育成します。

入学者に求める能力?資質

  1. 柔軟な発想、みずみずしい感性、高い意欲を持っていること。
  2. 他者とのコミュニケーションが円滑にできること。
  3. 理系課題に対して、論理的な思考を行い、他人に説明できること。
  4. 文系課題に対して、自らの考えを交えて要約して他人に説明できること。
  5. 英文課題に対して、自らの考えと併せて他人に説明できること。

入学前に学習することが期待される内容

各入学者選抜の出願要件に定める科目について履修又は履修見込みであること。

入学者選抜の基本方針

本学科では、上記の素養を持つ学生を選抜するために、次のような入学試験を実施します。
○一般選抜 前期日程
 3~5に対しては大学入学共通テストを課し、1、3及び5に対しては小論文を課します。また、1及び2に対しては出願書類(調査書)により評価を行った上で、総合して判定します。
○一般選抜 後期日程
 3~5に対しては大学入学共通テストを課し、1、3及び5に対しては小論文を課します。また、1及び2に対しては出願書類(調査書)により評価を行った上で、総合して判定します。
○学校推薦型選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類(調査書、推薦書)を加え、総合して判定します。
○私費外国人留学生選抜
 日本語での大学教育を受けられる日本語能力を身に付けているかどうかを判断するために日本留学試験を課しています。また、1、3及び5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。さらに、成績証明書を加え、総合して判定します。
○帰国生選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○社会人選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○3年次編入学
 3~5に対しては学力試験(専門科目、外国語)を、1及び2に対しては面接を課します。また、出身学校の成績証明書及び志望理由書等を加え、総合して判定します。

入学者選抜方法における重点評価項目

AP 別表(医学部保健学科)

理学療法学専攻

学位授与の方針(ディプロマ?ポリシー)~このような人材を育てます~

学位授与の条件?達成度?能力評価の基準

所定の年限在学し、かつ所定の単位を修得し、理学療法学専攻のディプロマ?ポリシーが規定する学識と能力を持つ次のような者に学士(保健学)の学位を授与します。

学修成果の目標

  1. 理学療法学及び関連する学問の体系的な知識と技術を備え、人間の尊厳をまもり、倫理的判断に基づく理学療法実践ができる者
  2. 理学療法における顕在的?潜在的課題に対し、幅広い教養と科学的根拠に基づく適切な判断力と、問題解決能力を持つ者
  3. チーム医療において、関係する人々との相互理解と円滑な協働関係を築き、理学療法士としての役割を発揮できる者
  4. 多様な地域社会の中で、グローバルな視野に基づく自己開発力と、理学療法の専門性を高める意欲を持ち、人々の健康に貢献する者

教育課程編成?実施の方針(カリキュラム?ポリシー)~このような教育を行います~

教育の目標

  1. 人間理解に必要な基礎的知識の修得:理学療法を実践するための基礎的な知識を体系的に修得できる教育
  2. 人間の尊厳の理念に基づいた理学療法の対象理解:人間の尊厳を重んじ理学療法を実践するための基本的姿勢を身につけられる教育
  3. 根拠に基づく理学療法実践能力の修得:幅広い教養と科学的根拠に基づいた理学療法を実践するための知識と技術を修得できる教育
  4. 地域社会の人々を対象とした健康支援能力の修得:国内外における地域社会のありようと人々の多様性を理解し、人々の健康と?活の質の向上とそれを?える地域社会の構築に寄与するための知識と技術を修得できる教育
  5. チーム医療を推進するための協働関係スキルの修得:チーム医療の担い手としての意識を高め、関係する人々との相互理解と円滑な協働関係を築けるコミュニケーションの力を身につけられる教育
  6. 保健医療の担い手としての自己開発力の育成:保健医療の担い手として、将来に向け自らを成長させていく意欲と自己開発力を身につけられる教育

教育課程の構成

  1. ディプロマ?ポリシーに掲げる目標を達成するために、教養教育科目、専門教育科目を体系的に編成し、講義?演習?実験?実習を適切に組み合わせた教育を展開する。
  2. 多様な社会を理解するために、教養教育科目については、初年次を中心に幅広い分野からなる科目を編成する。
  3. 専門教育科目については、「人間理解に必要な基礎的知識の修得」「人間の尊厳の理念に基づいた理学療法の対象理解」「根拠に基づく理学療法の実践能力の修得」「地域社会の人々を対象とした健康支援能力の修得」「チーム医療を推進するための協働関係スキルの修得」「保健医療の担い手としての自己開発力の育成」の6つの科目群で構成する。
  4. 教育課程については、カリキュラムツリーやナンバリングを用いてその体系性や構造を明示する。

教育内容?方法

  1. アクティブラーニング等を取り入れ、学生の主体的?能動的な学修を促す教育を行う。
  2. 学修の到達目標をシラバスに明記し、講義時間外の自己学修を促す教育を行う。
  3. 2年次から体験実習を配置し、理学療法の対象理解を基盤とした実践能力を育む教育を行う。

学修成果の評価

シラバス記載の達成度(成績)評価方法に基づき、試験、レポート、実習成果、実技試験等により総合的に評価します。

入学者受入方針(アドミッション?ポリシー)~このような人を求めています~

人材育成の目標

  1. 豊かな見識を身に付け、人間の尊厳を尊重し、全人的医療を担う人材を育成します。
  2. 本学科での学習を通して、学士(保健学)に求められる知識、技能、態度、創造的思考力を身に付けた人材を育成します。
  3. 将来に向け自らを向上させていく意欲と自己開発力を持ち、地域や国際社会での保健医療の諸課題に広く対応できる人材を育成します。
  4. 保健医療の現場においてチーム医療を担う人材を育成します。
  5. 理学療法士となることを通じて、高度化?専門化する保健医療専門職の次世代のリーダーや教育?研究者を育成します。

入学者に求める能力?資質

  1. 柔軟な発想、みずみずしい感性、高い意欲を持っていること。
  2. 他者とのコミュニケーションが円滑にできること。
  3. 理系課題に対して、論理的な思考を行い、他人に説明できること。
  4. 文系課題に対して、自らの考えを交えて要約して他人に説明できること。
  5. 英文課題に対して、自らの考えと併せて他人に説明できること。

入学に際し必要な基礎学力

  1. 各入学者選抜の出願要件に定める科目について履修又は履修見込みであること。

入学者選抜の基本方針

本学科では、上記の素養を持つ学生を選抜するために、次のような入学試験を実施します。
○一般選抜 前期日程
 3~5に対しては大学入学共通テストを課し、1、3及び5に対しては小論文を課します。また、1及び2に対しては出願書類(調査書)により評価を行った上で、総合して判定します。
○一般選抜 後期日程
 3~5に対しては大学入学共通テストを課し、1、3及び5に対しては小論文を課します。また、1及び2に対しては出願書類(調査書)により評価を行った上で、総合して判定します。
○学校推薦型選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類(調査書、推薦書)を加え、総合して判定します。
○私費外国人留学生選抜
 日本語での大学教育を受けられる日本語能力を身に付けているかどうかを判断するために日本留学試験を課しています。また、1、3及び5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。さらに、成績証明書を加え、総合して判定します。
○帰国生選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○社会人選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○3年次編入学
 3~5に対しては学力試験(専門科目、外国語)を、1及び2に対しては面接を課します。また、出身学校の成績証明書及び志望理由書等を加え、総合して判定します。

入学者選抜方法における重点評価項目

AP 別表(医学部保健学科)

作業療法学専攻

学位授与の方針(ディプロマ?ポリシー)~このような人材を育てます~

学位授与の条件?達成度?能力評価の基準

所定の年限在学し、かつ所定の単位を修得し、作業療法学専攻のディプロマ?ポリシーが規定する学識と能力を持つ次のような者に学士(保健学)の学位を授与します。

学修成果の目標

  1. 作業療法学及び関連する学問の体系的な知識と技術を備え、人間の尊厳をまもり、倫理的判断に基づく作業療法実践ができる者
  2. 作業療法における顕在的?潜在的課題に対し、幅広い教養と科学的根拠に基づく適切な判断力と、問題解決能力を持つ者
  3. チーム医療において、関係する人々との相互理解と円滑な協働関係を築き、作業療法士としての役割を発揮できる者
  4. 多様な地域社会の中で、グローバルな視野に基づく自己開発力と、作業療法の専門性を高める意欲を持ち、人々の健康に貢献する者

教育課程編成?実施の方針(カリキュラム?ポリシー)~このような教育を行います~

教育の目標

  1. 人間理解に必要な基礎的知識の修得:作業療法を実践するための基礎的な知識を体系的に修得できる教育
  2. 人間の尊厳の理念に基づいた作業療法の対象理解:人間の尊厳をまもり作業療法を実践するための基本的姿勢を身につけられる教育
  3. 根拠に基づく作業療法の実践能力の修得:幅広い教養と科学的根拠に基づいた作業療法を実践するための知識と技術を修得できる教育
  4. 地域社会の人々を対象とした健康支援能力の修得:国内外における地域社会のありようと人々の多様性を理解し、人々の健康と?活の質の向上とそれを?える地域社会の構築に寄与するための知識と技術を修得できる教育
  5. 地域社会の人々を対象とした健康支援能力の修得:チーム医療の担い手としての意識を高め、関係する人々との相互理解と円滑な協働関係を築けるコミュニケーションの力を身につけられる教育
  6. 保健医療の担い手としての自己開発力の育成:保健医療の担い手として、将来に向け自らを成長させていく意欲と自己開発力を身につけられる教育

教育課程の構成

  1. ディプロマ?ポリシーに掲げる目標を達成するために、教養教育科目、専門教育科目を体系的に編成し、講義?演習?実験?実習を適切に組み合わせた教育を展開する。
  2. 多様な社会を理解するために、教養教育科目については、初年次を中心に幅広い分野からなる科目を編成する。
  3. 専門教育科目については、「専門基礎?支持的科目」と「専門科目」で構成する。
  4. 教育課程については、カリキュラムツリーやナンバリングを用いてその体系性や構造を明示する。

教育内容?方法

  1. アクティブラーニング等を取り入れ、学生の主体的?能動的な学修を促す教育を行う。
  2. 学修の到達目標をシラバスに明記し、講義時間外の自己学修を促す教育を行う。
  3. 2年次から見学実習を配置し、作業療法の対象理解を基盤とした実践能力を育む教育を行う。

学修成果の評価

シラバス記載の達成度(成績)評価方法に基づき、試験、レポート、実習成果、実技試験等により総合的に評価します。

入学者受入方針(アドミッション?ポリシー)~このような人を求めています~

人材育成の目標

  1. 豊かな見識を身に付け、人間の尊厳を尊重し、全人的医療を担う人材を育成します。
  2. 本学科での学習を通して、学士(保健学)に求められる知識、技能、態度、創造的思考力を身に付けた人材を育成します。
  3. 将来に向け自らを向上させていく意欲と自己開発力を持ち、地域や国際社会での保健医療の諸課題に広く対応できる人材を育成します。
  4. 保健医療の現場においてチーム医療を担う人材を育成します。
  5. 作業療法士となることを通じて、高度化?専門化する保健医療専門職の次世代のリーダーや教育?研究者を育成します。

入学者に求める能力?資質

  1. 柔軟な発想、みずみずしい感性、高い意欲を持っていること。
  2. 他者とのコミュニケーションが円滑にできること。
  3. 理系課題に対して、論理的な思考を行い、他人に説明できること。
  4. 文系課題に対して、自らの考えを交えて要約して他人に説明できること。
  5. 英文課題に対して、自らの考えと併せて他人に説明できること。

入学前に学習することが期待される内容

各入学者選抜の出願要件に定める科目について履修又は履修見込みであること。

入学者選抜の基本方針

本学科では、上記の素養を持つ学生を選抜するために、次のような入学試験を実施します。
○一般選抜 前期日程
 3~5に対しては大学入学共通テストを課し、1、3及び5に対しては小論文を課します。また、1及び2に対しては出願書類(調査書)により評価を行った上で、総合して判定します。
○一般選抜 後期日程
 3~5に対しては大学入学共通テストを課し、1、3及び5に対しては小論文を課します。また、1及び2に対しては出願書類(調査書)により評価を行った上で、総合して判定します。
○学校推薦型選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類(調査書、推薦書)を加え、総合して判定します。
○私費外国人留学生選抜
 日本語での大学教育を受けられる日本語能力を身に付けているかどうかを判断するために日本留学試験を課しています。また、1、3及び5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。さらに、成績証明書を加え、総合して判定します。
○帰国生選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○社会人選抜
 1及び3~5に対しては小論文を、1及び2に対しては面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○3年次編入学
 3~5に対しては学力試験(専門科目、外国語)を、1及び2に対しては面接を課します。また、出身学校の成績証明書及び志望理由書等を加え、総合して判定します。

入学者選抜方法における重点評価項目

AP 別表(医学部保健学科)

大学院 [博士前期課程】保健学専攻

学位授与の方針(ディプロマ?ポリシー)~このような人材を育てます~

学位授与の条件?達成度?能力評価の条件

  1. 所定の年限在籍し、かつ、博士前期課程に定められた単位を修得した者
  2. 学部における教育?研究を通して得られた保健学に関する知識?技術?研究基礎能力を更に高め、独創的あるいは学際的な研究を進め、博士前期課程論文(修士論文)を作成した者
  3. 幅広い学識と高度な専門性、倫理性を身に付けた者

学修成果の目標

  1. 全人的医療を理解し、高度な専門知識と技術を修得している。
  2. 専門分野での教育?研究を実践するための基礎的な能力を修得している。
  3. 地域の保健医療?福祉専門職として活動が実践できる能力を修得している。
  4. 国際的な保健医療?福祉分野の活動が実践できる能力を修得している。

教育課程編成?実施の方針(カリキュラム?ポリシー)~このような教育を行います~

教育の目標

  1. 全人的医療を理解し、高度な専門知識と技術を修得する教育
  2. 専門分野の教育や研究を実践するための基礎的な能力を育成する教育
  3. 地域の保健医療?福祉専門職として活動が実践できる能力を育成する教育
  4. 国際的な保健医療?福祉分野の活動が実践できる能力を育成する教育

教育課程の構成

  1. ディプロマ?ポリシーに掲げる目標を達成するために、カリキュラムを基礎保健学ユニット、応用保健学ユニット及び地域?国際保健学ユニットの3ユニットに編成するとともに、各ユニットに横断する看護学領域、生体情報検査科学領域及びリハビリテーション学領域を設け、専門分野に偏らない保健学横断的な教育?研究を展開する。
  2. カリキュラムツリーやナンバリングを用いてその体系性や構造を明示する。
  3. 夜間開講や集中開講、対面授業と遠隔授業のハイブリッド型授業など多様な講義形式を積極的に推進する。
  4. 専門職履修プログラムを大学院に組み入れ、積極的に高度なリカレント教育を推進する。

教育内容?方法

  1. アクティブ?ラーニング等を取り入れ、学生の主体的?能動的な学修を促す教育を行う。
  2. 学修の到達目標をシラバスに明記し、講義時間外の自己学修を促す教育を行う。
  3. 研究力醸成のために学会発表や論文作成を積極的に推進する。
  4. 海外からの学生の受け入れや海外への学生の留学を積極的に推進する。

学修成果の評価

シラバス記載の達成度(成績)評価方法に基づき、試験、レポート、実習成果等により総合的に評価します。

入学者受入方針(アドミッション?ポリシー)~このような人を求めています~

人材育成の目標

  1. 全人的医療を理解し、高度な専門知識と技術を有する人
  2. 専門分野での教育や研究を実践するための基礎的な能力を有する人
  3. 地域の保健医療?福祉専門職として活動が実践できる人
  4. 国際的な保健医療?福祉分野の活動が実践できる人

入学者に求める能力?資質

  1. 博士前期課程の学修に必要な学士レベルの知識?技能を有している人
  2. 研究活動に必要な論理的思考力、コミュニケーション能力、語学力を有している人
  3. 保健医療?福祉の分野で高度専門職業人として社会に貢献したいと考える人
  4. 修了後に保健学専攻博士後期課程に進学し、保健学の研究者、教育者又は高度専門職業人を志す人

入学者選抜の基本方針

本専攻では、上記の素養を持つ学生を選抜するために、次のような入学試験を実施し、小論文と外国語の学力試験及び口頭試問の結果、並びに志願者が提出した成績証明書及び希望する研究の概要等の出願書類を総合して判定します。
○一般入試?社会人入試
 学力試験(小論文及び外国語)を課し、「保健、医療一般に関する知識及び思考力」及び「英語の文献を読解する能力」を評価します(入学者に求める能力?資質1、2)。また、口頭試問を課し、「専門知識、研究能力及び研究計画並びに研究者又は高度の専門性を有する職業人としての適性及び意欲」を評価します(入学者に求める能力?資質1~4)。さらに、出願書類を加え、総合して判定します。
○留学生入試
 外国語(英語)を課し、「英語の文献を読解する能力」を評価します(入学者に求める能力?資質2)。また、口頭試問を課し、「専門知識、研究能力及び研究計画並びに研究者又は高度の専門性を有する職業人としての適性及び意欲」を評価します(入学者に求める能力?資質1~~4)。さらに、出願書類を加え、総合して判定します。

大学院 [博士後期課程】保健学専攻

学位授与の方針(ディプロマ?ポリシー)~このような人材を育てます~

学位授与の条件?達成度?能力評価の条件

  1. 所定の年限を在籍し、かつ、博士後期課程に定められた単位を修得した者
  2. 学部及び大学院保健学専攻博士前期課程における教育?研究を通して得られた保健学に関する知識?技術?研究基礎能力を更に高め、独創的あるいは学際的な研究を進め、博士後期課程論文(博士論文)を作成し、今後も意欲的に研究活動を進めることができる者
  3. 幅広い学識と高度な専門性、倫理性を身に付けた者

学修成果の目標

  1. 保健医療?福祉分野で、独創的あるいは学際的な研究を実践できる能力を修得している。
  2. 保健医療?福祉分野で、高度な教育を実践できる能力を修得している。
  3. 保健学の高度な専門知識と技術を有した、保健医療?福祉分野の指導者としての能力を修得している。
  4. 国際的な保健医療?福祉分野で、指導や教育?研究が実践できる能力を修得している。

教育課程編成?実施の方針(カリキュラム?ポリシー)~このような教育を行います~

教育の目標

  1. 保健医療?福祉分野で、独創的あるいは学際的な研究を実践できる能力を育成する教育
  2. 保健医療?福祉分野で、高度な教育を実践できる能力を育成する教育
  3. 保健学の高度な専門知識と技術を有し、保健医療?福祉分野の指導者を育成する教育
  4. 国際的な保健医療?福祉分野で、指導や教育?研究が実践できる能力を育成する教育

教育課程の構成

  1. カリキュラムを看護学領域、生体情報検査科学領域及びリハビリテーション学領域に分け、各専門領域を深く探求する教育を展開する。
  2. カリキュラムツリーやナンバリングを用いてその体系性や構造を明示する。
  3. 夜間開講や集中開講、対面授業と遠隔授業のハイブリッド型授業など多様な講義形式を積極的に推進する。

教育内容?方法

  1. 学生の主体的、能動的な参加に基づいた講義?演習?研究を展開する。
  2. シラバスに詳述された、カリキュラムを構成する授業科目の目標?内容?教育方法?評価方法等に基づいた授業を展開する。
  3. シラバス記載の目標の達成に向けた、講義時間外の自己学修(予習?復習)を促す。
  4. 研究力醸成のために学会発表や論文作成を積極的に推進する。
  5. 海外からの学生の受け入れや海外への学生の留学を積極的に推進する。

学修成果の評価

シラバス記載の達成度(成績)評価方法に基づき、試験、レポート、実習成果等により総合的に評価します。

入学者受入方針(アドミッション?ポリシー)~このような人を求めています~

人材育成の目標

  1. 保健医療?福祉分野で、独創的あるいは学際的な研究が実践できる人
  2. 保健医療?福祉分野で、高度な教育が実践できる人
  3. 保健学の高度な専門知識と技術を有し、保健医療?福祉分野での指導者となる人
  4. 国際的な保健医療?福祉分野で、指導や教育及び研究が実践できる人

入学者に求める能力?資質

  1. 博士前期課程レベルの保健医療?福祉に関する専門知識と研究経験を有している人
  2. グローバルな視点で研究を推進し、その成果を広く発信するために必要なコミュニケーション能力、語学力を有している人
  3. 保健医療?福祉等の分野で研究者、教育者又は高度専門職業人として社会に貢献したいと考える人

入学者選抜の基本方針

本専攻では、上記の素養を持つ学生を選抜するために、次のような入学試験を実施し、学力試験(外国語(英語))、修士課程修了時の提出論文を含む業績又は第一著者として発表した学術論文を含む業績、口頭試問及び学業成績により総合して判定します。また、口頭試問では個別に専門知識及び研究能力に関する試問を行います。
○一般入試?社会人入試?留学生入試
外国語(英語)を課し、「英語の文献を読解する能力」を評価します(入学者に求める能力?資質2)。また、口頭試問を課し、「専門知識、研究能力及び研究計画並びに研究者又は高度の専門性を有する職業人としての適性及び意欲」を評価します(入学者に求める能力?資質1~~3)。さらに、出願書類を加え、総合して判定します。

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です