本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

入学料免除?授業料免除に関する2020欧洲杯外围_世界杯投注网

申請希望者は、審査結果が出るまで、入学料?授業料は納めないでください。

高等教育の修学支援新制度について(給付奨学金と入学料?授業料減免)

高等教育の修学支援新制度(給付奨学金と入学料?授業料減免)の概要

「高等教育の修学支援新制度」は、学部学生を対象とする、日本学生支援機構給付奨学金と入学料?授業料免除が一体となった制度です。制度の概要については、こちらをご覧ください。

文部科学省高等教育の修学支援新制度について特設ページ

この新制度による支援を受けるには、まず日本学生支援機構(JASSO)の給付奨学金に申請し、採用されることが必要です。採用された給付奨学金の支援区分により、授業料等の減免額も決定されます。支援額は世帯収入に応じて3つの区分があります(第Ⅰ区分は全額免除、第Ⅱ区分は2/3額免除、第Ⅲ区分は1/3額免除)。

日本学生支援機構給付奨学金(返済不要)

 

日本学生支援機構(JASSO)の第一種奨学金との併給制限について

新制度による給付奨学金と併せて日本学生支援機構(JASSO)の第一種奨学金を利用する人については、第一種奨学金の貸与を受けられる月額の上限額が制限されます(希望する月額が貸与されない場合があります)。第一種奨学金を利用している人が新しい給付奨学金を受給する際は、給付奨学金を受給している間、貸与月額が調整(減額又は増額)されます。 併給調整後の貸与月額については、以下のWebサイトを参照してください。

 令和2年度以降採用の給付奨学金と併せて受ける場合の貸与月額(JASSO)

 

入学前の方へ

該当する方は入学料?授業料は納入しないでください。

入学前に高校等で日本学生支援機構「給付奨学金」の予約採用に申込み「採用候補者」に決定している方(結果待ちの方含む)、および予約採用には申し込んでいないが入学後すぐ「高等教育の修学支援新制度」への申込を予定している方は、入学手続案内に従って手続きをしてください。

 【参考】提出していただくもの(入学手続案内の様式を提出してください)

? ? ?入学料免除申請書

? ? ?入学料免除申請事前確認票

  ?令和5年度大学等奨学生採用候補者決定通知【進学先提出用】の写し

   入学手続き時にまだ結果通知が届いていない場合には、届き次第、郵送してください。審査の結果、不採用となった場合は、必ず、下記係あてに電話で連絡してください。

   郵送先:〒371-8510 前橋市荒牧町4-2 群馬大学学生支援課学生生活係  電話027-220-7141

 

 短大?高専等からの編入学生で、前校から引き続き給付奨学生となる方は、入学手続案内に従って手続きをしてください。

 【参考】提出していただくもの(入学手続案内の様式を提出してください)

? ?入学料免除申請書(ただし、本学に入学する以前に本制度による入学料減免を受けた場合、本学で入学料減免申請をすることはできません

  ?入学料免除申請事前確認票

  ?給付奨学生証の写し

  ?授業料等減免継続申請書(令和5年2月上旬に本学ホームページに掲載予定)

 

在学採用について

定期採用は年に2回あります(4月?9月)。

なお、一度申し込んで認定を受けられなかった場合であっても、その後の在学採用で、また申し込むことができます。毎年6月頃に住民税情報が更新されるので、高校生のときの予約採用や大学に入学した4月に申し込んで不採用だった場合でも、秋に申し込めば採用される可能性があります。

 

申込資格

対象者は、新たに入学、または進級する学部学生で、家計基準および学力基準などの条件を満たす人が対象です。留学生は本制度の対象外です。(在留資格が「法定特別永住者」、「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」の人は申請可能です)

なお、高等学校等を初めて卒業した日の属する年度の翌年度の末日から大学へ入学した日までの期間が2年を経過していない人が対象です。例えば、以下のような人が対象となります。

 例 : 2020年3月に高等学校等を卒業 → 2022年度末までに大学等へ入学した人(2023年4月以降に進学する人は対象外です)

詳細は、こちらを参照してください。
JASSO 給付奨学金の申込資格

家計基準については、支給額等が試算できるシミュレーションツールが利用できます。
JASSO 進学資金シミュレーター

 

支援の内容

支援は、給付奨学金と授業料等免除によって行われます。給付奨学金は、原則として、下表の金額(月額)が毎月振り込まれます。

  支 援 区 分

 通  学

          給付型奨学金

 授業料免除

  第Ⅰ区分

自宅通学

29,200円(33,300円)

 全額免除

自宅外通学

66,700円

  第Ⅱ区分

自宅通学

19,500円(22,200円)

 2/3免除

自宅外通学

44,500円

  第Ⅲ区分

自宅通学

9,800円(11,100円)

 1/3免除

自宅外通学

22,300円

※生活保護世帯で自宅から通学する人及び児童養護施設等から通学する人は、カッコ内の金額となります。

※授業料は、267,900円(半期)です。

 

申請手続き

★判定結果が出るまで、入学料?授業料は納めないでください。

※ 令和元年度(2019年度)以前入学の在学生は、【新制度開始に伴う対象外及び支援額減少の経済支援】を併願申請することにより、給付奨学金の支援区分が第Ⅰ区分(全額免除)以外の場合でも、減額後の授業料が免除になる場合がありますので、併願申請することをお勧めします。

  • JASSO【高等教育の修学支援新制度】令和4年度10月在学採用申請要領 をよく読み、手続きを行ってください。

    給付奨学金に申請するためには,日本学生支援機構が発行する給付型奨学金案内と,奨学金案内に付属の書類が必要です。給付型奨学金案内は,下記フォームから請求のあった方に大学から郵送します。

    奨学金案内の請求受付期限は令和4年8月22日(月)正午までです。申請を希望する方は,期間内に必ず奨学金案内を請求してください。

     給付奨学金案内郵送の請求はこちら ←受付は終了しました

     資料請求から手元に資料が届くまでに時間がかかります。下記(給付型奨学金申請関係書類)に掲載した奨学金案内をあらかじめご確認ください。また,給付奨学金案内の18ページ 必要書類と提出先の確認 についてもご確認いただき,申請に必要な書類をご準備ください。

    申請書類

    以下は、給付奨学金申請関係書類

     

    注意事項

    1.採用された場合、給付奨学生の手続きとしてその他にも必要な手続きがあります。その都度案内しますので、期限内に手続きを行ってください。

      それぞれの手続きを怠ると給付奨学金と授業料免除は打ち切りとなります。

    2.給付奨学金については、年2回、適格認定が行われます。夏季に家計状況、年度末には学業成績により受給基準を満たすかどうか判定されます。

      年度末の学業成績による適格認定において成績不良のため日本学生支援機構が定める基準を満たさない場合は、「警告」や「廃止」といった措置がとられます。

      「警告」となった場合、次年度も成績が向上せず「警告」となると「廃止」になります。

      「廃止」となった場合、次年度以降の給付奨学金及び授業料免除は打ち切りとなり、復活や再申請はできません。

    3.次のいずれかに該当する者については、支援が打ち切られ返還を求められます。

     (1)偽りその他不正の手段により支援を受けた者

     (2)大学から退学?停学(無期限又は3か月以上のもの)の懲戒処分を受けた者

      ※3か月未満の停学及び訓告の懲戒処分を受けた場合も支援が停止されます。

大学院生?専攻科生?外国人留学生(学部学生)はこちらへ

群馬大学では、経済的理由などにより入学料や授業料を納入することが困難な学生に対して、入学料や授業料の全額又は半額を免除、或いは徴収猶予する制度を設けています。免除者の選考は、一定の学業基準を満たしている学生について、予算の範囲内で、家庭状況等による困窮度の高い人から、全額免除、半額免除、不許可の順に行います。免除申請にあたっては、経済状況等を正確に把握するために、様々な証明書等の提出が必要です。必要書類が揃わない場合は選考の対象となりません。また、限られた予算で、学期毎に選考しますので、申請時期によって審査結果が異なる場合があることや不許可となることがあることを理解のうえ申請してください。

徴収猶予希望者はこちらへ

特別な事情により入学料?授業料の納入が著しく困難である者に対し、入学料?授業料の徴収を猶予する制度です。選考の結果、「不許可」となることもありますので、納入の準備は事前にしておいてください。

東日本大震災に係る免除

東日本大震災で罹災し学費の納入が著しく困難であると認められた者に対して、入学料?授業料の免除をする制度があります。詳しくはお問い合わせください。

学務部学生支援課? TEL 027-220-7141

家計急変やその他の支援制度

生計維持者が亡くなられた場合や、災害により被災した場合などの緊急時の支援制度があります。

JASSO災害支援金

JASSO災害支援金とは、日本学生支援機構(JASSO)が行う事業です。自然災害等により本人またはその生計維持者が居住する住宅に半壊以上等の被害を受けたことで、学生生活の継続に支障をきたした学生が、一日も早く通常の学生生活に復帰し学業を継続するための支援をする制度です。
事由発生月の翌月から6か月以内かつ本人が在学中に申請する必要がありますので、希望する場合は、速やかに学生支援課学生生活係にご相談ください。

支給額: 10万円(返還不要)

JASSO災害支援金について

 

JASSO給付奨学金家計急変採用

予期できない事由(学生が家庭内暴力から避難するために父母と別居した場合含む)により家計が急変し急変後の収入状況が住民税情報に反映される前に支援の必要がある場合は、急変後の年収見込みにより要件を満たすことが確認されれば、給付奨学金及び授業料等減免の支援対象となります。原則として、事由発生日から3か月以内に申し込む必要がありますので、該当する場合には、できるだけ早く学生支援課学生生活係にご相談ください。

JASSO家計急変について

 

2020欧洲杯外围_世界杯投注网感染症の影響による家計急変

2020欧洲杯外围_世界杯投注网感染症の直接的?間接的な影響で,家計が急変した世帯の学生に対して,令和4年度 後期授業料免除を実施します。既に後期授業料免除(従来制度又はJASSO新制度)を申請済みである場合でも併願申請が可能です。併願申請をした結果、どちらにも採用された場合には、より免除額の大きい方を最終判定結果とします。

【2020欧洲杯外围_世界杯投注网感染症の影響による家計急変】令和4年度《後期》授業料免除申請

 

その他の支援制度

こちらをご覧ください。

 

 

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です